About



轟木酒店の目指す酒屋の在り方は ”お酒を通して福岡を盛り上げる”。この活動の一環としてワイン造りに着手しています。

 

きっかけは、世界と日本のワインを売っていて、日本酒のように地元のワインがあったらいいなと、ふと思ったから。福岡の南部はブドウの産地。ここなら何とかできるのではないか。同じタイミングで、知人から使ってない畑を使わないかという話をいただき、ブドウの植樹をスタート。農業部門のスタッフとして山田朱那が参加。以来、北海道・山梨・栃木など日本各地のワイナリーに力添えいただき、醸造に関しては小山田さん (ドメーヌ・オヤマダ)、小林さん (共栄堂) に師事し、準備を進めてきました。

 

まずは2020年、自社ワイナリー建設前に、山梨の三養醸造の協力を得て醸造したワインをリリース。2種類の赤ワインを発売しました。